住宅ローンが返せなくて困っている

「任意売却」という選択肢があります

もし住宅ローンの返済が困難になった場合、競売になってしまう前にマイホームを売却し、その代金でローン返済を行う「任意売却(にんいばいきゃく)」という方法があります。

「任意売却」とはどんなもの?

任意売却とは「住宅ローン問題の解決方法」の一つです

任意売却(にんいばいきゃく)」とは、事前に金融機関等と話し合い、住宅ローン完済前のマイホームを売却する方法です。一般に「任売(にんばい)」とも呼ばれます。
競売によって強制的に処理されてしまう前に、一般の不動産市場で売却を行い、その代金を返済に当てる点が大きな特徴です。同時にこの任意売却によって「競売を回避する」ことも可能となります。
  • 1. ローンが残っている住宅でも可能
  • 2. 銀行など金融機関等と協議
  • 3. 競売ではなく一般の不動産市場で売却
  • 4. その売却代金でローンの残りを返済

POINT 任意売却(任売)によって競売は回避することができます

「任意売却」のメリット

任意売却(任売)には様々なメリットがあります

競売に比べて高く売れる可能性が高い

任売は競売と違って「一般の不動産市場で普通の不動産と同様に販売すること」ができます。そのため一般の相場価格での売却も可能となります。

競売と違いプライバシーを守ることができる

任売は周りから見ると一般の不動産売却と変わりません。色々な情報が公開されてしまう競売と違い、近隣の方にローン滞納などの事情を知られることはありません

別途費用の持ち出しがない

登記費用・仲介手数料といった不動産売却の際にかかる様々な諸費用も、任売なら売却代金から捻出することが可能です。そのため、持ち出しで別途費用が必要になることはありません

残ったローンの返済条件を交渉できる

任売の場合、売却後に残った債務(いわゆる残債)の返済について、債権者と交渉することができます。残債の返済条件に関して、より柔軟な選択ができる可能性があります。

自分の意志で売却する事ができる

競売となった場合、売却の日程は強制的に決定されてしまいます。しかし任売であれば自分の意志で売却することができるため、より計画的な再スタートの手助けとなります。

引越し費用をもらえる可能性もあります

金融機関等の債権者との交渉次第ではありますが、引越し費用を手元に残すことができる可能性もあります。また引越しの日時なども交渉によっては調整が可能です。

・・・まず大切なことは

一人で悩む前にご相談ください

住宅ローンを返せないことは恥ずかしいことではありません

リストラ・倒産、また事故や病気など私達の人生にはいくつもの大きなリスクが潜んでいます。もし何らかの理由によって住宅ローンの返済ができなくなったとしても、それは決して恥ずかしいことではありません。なぜならそれは私達の誰にでも起こりうるリスクだからです。

もっとも大切なことは、もしものときに「信頼できる相談相手がいること」です

「全任協」とは?

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(全任協)とは、住宅ローン等による不動産トラブルの解決と救済を目的に設立された非営利団体です。弁護士・司法書士・税理士・元債権回収会社職員・不動産会社といった各分野のプロフェッショナルで構成され、全国からのご相談に一つ一つ丁寧にお応えすると共に、様々なメリットのある任意売却による所有者様の救済に取り組んでいます。

ご相談の流れ

任意売却にはタイムリミットがあります

制度上、もし競売が実施され開札が行われると任意売却による解決はもうできなくなってしまいます。
そのため、ご相談が一日でも早ければ早いほど有利な状況で任売を進めることが可能です。

POINT 早めのご相談こそが成功のカギとなります

1
ご相談の受付
メール、お電話等でご相談を承ります。費用は一切かかりませんのでまずはお気軽にご連絡ください。
2
ご面談
相談センターやご自宅などで専門の相談員が詳しい事情やご希望などをおうかがいいたします。
3
物件の査定
ご自宅や売却物件の査定を行います。不動産の専門家による査定で市場にあった売却価格を算出いたします。
4
金融機関等との話し合い
専門スタッフが金融機関等の債権者と話し合い、任売に向けた交渉を進めていきます。
5
販促活動→任売成立
売却に向けた販促活動を行います。購入者との契約が完了すれば任売は成立となります。その後、債権者と残債の返済方法などの交渉も行います。
6
新生活のスタート
任意売却の成功で、新生活への新たな一歩をスタートします。
©2020 熊本任意売却.JP